2019年7月11日(木) JETRO主催 日本産酒類商談会の開催(於:Etoile business Center)

2019Kura Masterの授賞式に関わるたくさんのイベントも終盤を迎えた最終日は、JETRO主催、Kura Master 協力における日本産酒類商談会が開催されました。

各蔵元様のブースそれぞれに通訳の方が同席するだけでなく、商談スペースも設けられ、フランス人との商談に万全の体制が整えられていました。

参加蔵元数は約40社にも上り、来場者はフランスのインポータを始め、ソムリエ、酒類販売店アドバイザー、レストランオーナー、コンサルタント、ジャーナリストなど各業界のプロが参加。

試飲をしながら蔵元の方々と日本酒について語り、楽しみながらも真剣に商談をしている光景は、フランスの地に日本酒を広める事を理念に活動している私達の胸を熱くさせました。
会場にはKura Master のブースも設置され、来場者からのコンクール審査基準への質問の他、来年の審査員として是非参加したいというソムリエ数名が名刺を置いていくなど、Kura Masterの認知度含め、日本酒への注目度の高さを再認識することができました。

商談会の中盤にあたって、JETROパリの片山所長から、まず流暢なフランス語でご挨拶があり、続いて、審査委員長グザビエ・チュイザが、「日本酒の可能性、スパークリング部門を設けた理由」などを、今年のコンクールを振り返りながら、日本酒の未来について、経験に基づいた真摯で率直なメッセージを送りました。これまでの商談会には例がない、パリのトップソムリエによる全員への言葉は、来場者だけでなく蔵元様にも高い評価を集めました。

この商談会は、日本酒が2019年のフランス商戦に食い込むための拍車となったと、参加者が確信する日も近いことでしょう。


2019年7月10日(水) シンポジウム一般試飲会 (於:パリ日本文化会館)

第1部:サケ スパークリングの魅力についてのセッション
第2部:Kura Master 入賞酒ベスト 100 試飲会

パリOECD大使公邸で盛大に行われた受賞酒の発表から一夜明け、スタッフ始め蔵元様の興奮も冷めやらぬ中、Kura Masterの入賞酒ベスト100を一般の方に楽しんで頂く試飲会が開催されました。
第1部はawa酒協会理事長でもある、永井酒造の永井社長による講演会が行われました。セッションには、Kura Master審査委員長のXavier Thuizatと、シャンパーニュ地方を代表するソムリエPhilippe JAMESSE氏がパネリストとして登壇。会場には130名近い来場者が集まり、立ち見も出る程の大盛況となりました。

参加者の多くはフランス人の方でしたが、質問も多く上がり、酒スパークリングへの興味の高さが伺われました。

その後、金澤和夫兵庫県副知事より、今年の冬、酒文化研修旅行で体験した山田錦の土で作られた酒器の完成品の贈呈式がありました。代表してチームリーダーだったXavier Thuizat審査委員長の作品が贈呈されました。

約1時間のセッションの後、会場を移して試飲会へ。トップ14の蔵元様とawa酒協会からお越しの蔵元様が来場者をお出迎えし、今年の審査会で、審査員から高い評価を得た100種類以上の日本酒を楽しんでいただきました。

来場者は思い思いに日本酒を楽しんでいましたが、シャンパーニュを食前に楽しむように、まずはスパークリングの日本酒を楽しまれる方が多く見られました。

参加者に感想を伺ったところ、「フランスではこんなにたくさんの日本酒を楽しめる機会はないので、とても貴重な体験です」といった喜びの声。「山廃の日本酒が好きなのですが、今日はありますか?」と、日本酒に詳しい方まで、様々な声が聞かれました。
そして共通することは、どの参加者も日本酒の幅広い味わいと香りにすっかり魅了されている姿が印象的でした。

Kura Masterは今年3年目を迎えました。
今回のような一般の方を対象とした試飲会では、過去と比較しても、フランス人参加者が圧倒的に多くなり、フランスでの日本酒への興味関心がかなり強くなっていることを肌で感じることとなりました。

蔵元様も、フランスに在住の日本酒ファンの関心がさらに高まっていること、知識が増え、各自の体験と比較した試飲の感想が上がっていることなどから、フランス市場が確実に伸びていることと一掃の拡大を実感いただくことができました。


2019年7月9日(火) Kura Master 2019 授賞式の開催 (於:フランス・パリ OECD大使公邸)

晴れの日にふさわしい好天に恵まれる中、パリOECD大使公邸にて、Kura Master2019の授賞式を開催しました。授賞式にはOECD日本政府代表部 大江博大使にもご列席頂き、フランス語でのご挨拶と蔵元様へのあたたかいご祝辞を頂きました。


パリOECD日本政府代表部 大江博大使

授賞式の会場の様子

各カテゴリーから選出された合計14の蔵元様には、表彰状と合わせ、記念品として受賞酒の名前が刻印されたRIEDEL社の純米グラスを贈呈致しました。


受賞酒と記念品のRIEDEL純米グラス

そしてトップ14の受賞酒より、今年の最高賞となるプレジデント賞と、各カテゴリーから選ばれるKura Master審査員賞の発表。緊張感と喜びが溢れる時間となりました。

(審査結果はこちら。 https://kuramaster.com/ja/concours/comite-2019/laureats/


結果を発表するKura Master審査委員長のXavier Thuizat。

審査員の一人、シャンパーニュ地方を代表するソムリエPhilippe JAMESSE。サケ スパークリング部門の審査員賞のプレゼンテーターを務めていただきました。


最高賞のプレジデント賞は仙台伊澤家勝山酒造の「勝山 純米大吟醸 伝」に決定。

表彰式後は部屋を移動し、トップ14の受賞酒と、awa酒協会の皆様によりご提供いただいたawa酒の試飲会を行いました。審査結果の発表も終わり緊張が解きほぐれ、会場はとても和やかな雰囲気に包まれていました。

試飲会会場で受賞酒やawa酒とシャルキュトリーを楽しむ参加者の様子

また、大使公邸の青々とした芝と薔薇の花が見事なテラスには、山田錦のブースをセッティング。日本より兵庫県副知事にもお越しいただき、授賞式に参加された関係者やメディアの皆様に山田錦産の兵庫のお酒も楽しんでいただくことができました。

山田錦ブースの様子

今年のコンクールには720銘柄という大変多くの出品があり、日本、フランス共に年々Kura Masterへの関心が高まっていることが感じられます。この日を迎えることが出来たこと、また、多くの方の多大なるご協力に感謝いたします。

受賞された蔵元の皆様、本当におめでとうございます。


大江大使と受賞蔵の皆様と共に。


2019年7月8日(月) 試飲会の開催 (於:フランス・パリ ホテル・ソフィテル・バルティモア)

Kura Master2019授賞式の前日。今年のコンクールでトップ14に選ばれた蔵元様がパリに集結し、初めての試飲会が開催されました。本試飲会は、パリ・イルドフランスソムリエ協会との共催で、フランスの飲食店関係者やソムリエなど、食とお酒のプロ約100名の来場。awa酒協会の皆様も来仏し、盛大で華やかな幕開けとなりました。


Kura Master2019 トップ14に選ばれた蔵元の皆様


awa酒協会の皆様

本試飲会にお越し頂いたパリ・イルドフランス・ソムリエ協会会長Jean-Luc Jamrozik様と、Kura Master審査委員長Xavier Thuizatのご挨拶で開幕。


左:Kura Master審査委員長Xavier Thuizat
右:パリ・イルドフランスソムリエ協会会長Jean-Luc Jamrozik様

パリ・イルドフランス・ソムリエ協会会長Jean-Luc Jamrozik様

ジャムロジック会長から、「ここ数年、日本酒を目にすることが増えてきました。私たち、ソムリエは、料理にとても相性の良い食中酒、「日本酒」に注目しています。フランス料理がどんどん進化している今日、日本酒をサーブできることはソムリエにとって不可欠になっています。この様な、フランス人のプロの審査によって選ばれた素晴らしい日本酒の試飲会が今後も続けられ、日本酒がフランスに広がることを心から願っています」と熱いメッセージが話されました。
会の前半では、awa酒協会理事長、永井酒造の永井社長によるawa酒についてのセッションが日本語とフランス語で行われました。
Kura Masterでは今年「サケ スパークリング部門」が新設されたこともあり、フランスを代表するシャンパーニュと同じ製法で作られている日本酒、awa酒の説明に、参加者は興味深く耳を傾けていました。

試飲会にはおよそ100名が参加。ブルターニュ産の新鮮な生牡蠣や厳選されたシャルキュトリーも用意され、日本酒との相性を楽しんで頂きました。


厳選された生ハムやサラミなど

フランス・ブルターニュ産の生牡蠣。

受賞酒を楽しまれていたレストラン関係者のフランス人お二人にお話を伺いました。

-日本酒はよく飲みますか?

「1~2か月前から興味を持ち飲み始めました。日本酒は、酸味のある料理や卵類、アスパラなど、ワインに合いにくいものとの相性がとてもよいと感じます。」

-日本酒がフランスで広まるためにはどのようなことが必要だと思いますか?

「重要なのはコミュニケーションです。ソムリエを始め飲食関係者は、目新しいもの、そして質の高いものを常に探していますし、その良さをお客様へ伝えていくことができます。例えば、ワインリストにワインと同様に日本酒をオンリストし、料理一皿ずつに合わせたワインや日本酒の提案をお客様にしていくことができたらいいですね。私の感触では、日本酒を飲んだフランス人の90%以上は良い印象を持っていると感じています。また、最近のフランスでは料理自体にも日本酒やみりんを使うことが増えていてとても面白いと思います。」

蔵元様も、フランスのプロの飲食関係者の反応は新鮮だった様子で「参加者の多くが、どのような料理と合わせるか?ということを第一に考えて真剣に試飲されていました。お店でのサービスを念頭に置いているのが伝わり、大変興味深かったです。」との感想が聞かれました。


序章

2019年1月14日から21日の間、Kura Master審査員のフランス人ソムリエら6名が訪日。酒造り最盛期の蔵元に訪問し、日本酒醸造の現場で酒造りを学び、各地の日本酒関係者と交流を深めるための8日間に渡る長く濃厚なツアーを行いました。この8日間で一都四県を縦断し、8軒の蔵元を訪問、多数のイベントやセミナーへ参加。蔵元はもちろんのこと、日本酒やワインの関係者、各県や団体関係者、そして多くの一般の方々との交流を通じ、日本酒と日本文化について学び、またソムリエとしてのKura Master審査員の知識や日本酒への想いを伝えることで、日仏交流に大きく貢献する旅となりました。

第2回 Kura Master 審査員酒文化研修旅行第2回 Kura Master 審査員酒文化研修旅行

第1章:旅の目的について

2019年5月に行われる、第3回 Kura Master日本酒コンクール開催にあたり、Kura Master運営委員会は、審査員としてコンクールに参加するフランスソムリエらに対して、日本酒についてさらに精度の高い公平な審査を求めています。そして、正しい情報を発信してもらう必要があるため、審査員に求められる知識やスキル向上を目指した日本への研修ツアーが計画されました。
ワイン造りと同様に、日本酒造りを行っている土地の風土、米、水、建物の歴史などに触れることで、より一層深まる日本酒への理解と、日本酒に関わる人々との交流から生まれる発見や可能性。そして、Kura Masterが「フランス人によるフランス人のための日本酒コンクール」として、今後も継続していくための安定した基盤作りを審査員へ意識付け、鼓舞する意味もこめて、昨年に引き続き、今年も選抜されたトップソムリエを対象に研修旅行を実施致しました。

第2回 Kura Master 審査員酒文化研修旅行

第2章:蔵元訪問について

2017年、2018年のKura Master受賞蔵をメインに訪問。参加する審査員には訪日中多岐に渡るミッションがあり、その中の一つ「日本酒の造りを正しく学ぶ」ことについて、8蔵の訪問で得た経験は、彼らにとって日本酒造りに対する知識の大きなステップアップに繋がりました。
洗米から搾りまで、一連の酒造りの工程を自身の目で見て、頭で学ぶだけではなく、蔵での実体験により得るものはとても大きかったようです。広島県の三宅本店では、大きなタンクに梯子で登り、お酒の櫂入れを。大分県の八鹿酒造では、炊きたての掛米をタンクに運び入れる作業などを体験させて頂きました。

第2回 Kura Master 審査員酒文化研修旅行第2回 Kura Master 審査員酒文化研修旅行

さらに各蔵独自での地域性や伝統を生かした、日本酒以外のお酒(リキュール、ビール、焼酎など)や発酵食品についても知ることが出来、日本酒にとどまらず、それらを総合的に生かした日本食文化の可能性は、ソムリエたちの感性を引き金に、今後フランスで大きく引き出されることとなるでしょう。
また審査員からの積極的なアドバイスも、今回交流した蔵元、各関係者、団体の皆様にとって、よりよい発展と刺激になることを願っております。
※訪問蔵元については後述

第2回 Kura Master 審査員酒文化研修旅行第2回 Kura Master 審査員酒文化研修旅行

第3章:審査員たちによるセミナー実施について

多くの方のサポートのおかげで、各地でセミナーやイベントを開催。活発な意見交換と情報発信、交流の場を持つことができたことも、Kura Masterの継続に向けて大きな収穫となりました。セミナーでは、「フランスから見たワインと日本酒」「酒米の王様、山田錦」「フランスでの日本酒市場について」など様々なテーマを掲げて。蔵見学と同様、審査員が得た知識は今後Kura Masterで公平な審査を行うのに有効な糧となるでしょう。
また、海外市場へ興味のある日本酒業界の方や、インバウンドを進める地方自治体の方々にとっては、外国人への日本酒の勧め方や表現、フランス人トップソムリエである審査員たちがどんなお酒を好むのか?ということが聞きたいポイント。フランスでの日本酒市場の動向や、実際に試飲をしながらフランス人がどのような食事とあわせたいと感じるか、またサービスする温度のアドバイスなど、闊達な意見交換をしながらの交流となりました。
「ワイン文化のフランスに日本酒を輸出して、日本酒はワインに勝つことができるか?」という質問には、全員のソムリエから「日本酒はワインとは別の文化を持つ素晴らしい食中酒としての地位を築き、ワインと戦うのではなく共存するでしょう。日本がフランスワインをたくさん輸入しているように、ソムリエ達も日本酒の輸出を応援してお返ししたい。」といったコメントがあがりました。

第2回 Kura Master 審査員酒文化研修旅行第2回 Kura Master 審査員酒文化研修旅行

第4章:「第3回Kura Master日本酒コンクール」募集要項の記者発表と一般試飲会について

旅の最終日は、東京・飯田橋のアンスティチュ・フランセにて、第3回Kura Master日本酒コンクールの募集要項について記者発表を開催しました。今年は、スパークリング日本酒部門が新設され、その注目度の高さ故、多くの記者の方にお越しいただきました。awa酒協会理事長であり、永井酒造代表取締役である永井則吉氏をお迎えし、お話しをいただきました。
また、その後行われた試飲会には一般の方や、日本酒業界でご活躍される多くの方々にご参集いただき、200名以上のKura Masterファンに、審査員との交流の場をお楽しみいただきました。
冒頭では、元ユネスコ日本政府代表部大使である門司健次郎氏、東京国税庁課税部酒税課杉山真氏からの乾杯のご発声とご挨拶を。会の終わりでは、審査員らによるフランス・ブルゴーニュ伝統の葡萄の収穫を祝う歌と踊りが振る舞われ、会場のお客様も一体となり大変な盛り上がりを見せての閉幕となりました。

第2回 Kura Master 審査員酒文化研修旅行第2回 Kura Master 審査員酒文化研修旅行

最終章

記者発表が行われた1月21日を皮切りに約1ヶ月、2月28日までのエントリー期間を経て、5月に審査会、7月に授賞式がフランス・パリで開催されることとなります。昨年は650銘柄の応募がありましたが今年はさらに多くのエントリーが見込まれています。
8日間の訪日ツアーで審査員が得た経験が、Kura Masterならず、日本酒業界の発展に寄与することを心から願っております。

第2回 Kura Master 審査員酒文化研修旅行第2回 Kura Master 審査員酒文化研修旅行
第2回 Kura Master 審査員酒文化研修旅行第2回 Kura Master 審査員酒文化研修旅行
第2回 Kura Master 審査員酒文化研修旅行第2回 Kura Master 審査員酒文化研修旅行
第2回 Kura Master 審査員酒文化研修旅行

Appendix

■ツアー参加審査員一覧

Xavier THUIZAT(グザビエ・チュイザ) Kura Master 審査委員長/ホテルクリヨン シェフ・ソムリエ
Eric GOETTELMANN(エリック・ゴトルマン) ベルナール・ロワゾー エグゼクティブシェフソムリエ/MOF(国家最優秀職人章)受賞
Bernard NEVEU(ベルナール・ヌヴ) ホテル ルブリストルパリ ディレクターソムリエ
Baptiste GAUTHIER(バティスト・ゴチエ) レストラン ピック シェフソムリエ
Kevin LEMONNIER(ケヴィン・ルモニエ) デュカス・シュール・ラ・セーヌ シェフソムリエ
Sofia LAFAYE(ソフィア・ラファイ) ジャーナリスト(ソムリエインターナショナル)

■訪問蔵元一覧(敬称略)

和歌山県:平和酒造中野BC九重雑賀
兵庫県:菊正宗樽酒マイスターファクトリー田中酒造場
広島県:三宅本店
大分県:八鹿酒造中野酒造