日本酒審査会 2020

審査会

フランス政府の決定によるロックダウンにより、延期を余儀なくされていました第4回コンクール「Kura Master – Le grand concours des sakés japonais de Paris 2020」は、8月31日(月)パリ市内(会場:エスパス・シャラントン)で無事に開催いたしました。審査されたすべての日本酒は、フランス到着後、5度の保冷コンテナで輸送、同温度で保管され、コンクール会場まで最適な環境で準備させていただきました。
当日は新型コロナ感染防止対策を徹底し、審査員の方に安心していただける会場 運営の中、4名のMOF(フランス国家最高優秀職人章)ソムリエを含む、トップソムリエら51名の審査員が参加し、824点の審査を厳正に行いました。この結果、最終審査に34点の日本酒が通過。Top18が選ばれました。
審査会後は、フランスソムリエ協会会長フィリップ・フォー・ブラック氏から、ソムリエにとっては日本酒のペアリングの許容の広さや可能性は、益々、魅力的な食中酒となることが強調されました。


Concours de saké japonais 2020
Concours de saké japonais 2020
Concours de saké japonais 2020
Concours de saké japonais 2020
Concours de saké japonais 2020
Concours de saké japonais 2020

結果

純米大吟醸酒部門、純米酒部門、サケスパークリング部門 さらに今年は米品種違いの 山田錦部門、雄町部門、出羽燦々部門が加わり6つのカテゴリーの成績によりプラチナ賞84本、金賞188本が決まりました。

最後に純米大吟醸酒部門、純米酒部門からそれぞれ上位5本、また サケスパークリング、山田錦、雄町、出羽燦々部門よりそれぞれ上位2本を合わせた「トップ18」の中から 部門ごとに審査員賞が1本、そして すべての部門(米品種違いを除く)からプレジデント賞が1本選ばれます。

この結果は、11月4日(水)に発表いたします。
詳細は追って 本サイトにてご連絡させて頂きます。

受賞酒発表

審査員

Kura Master Week