タグ: 審査員賞授賞式関連イベント

キャビアの世界を体験した後はKura Master 2023 本格焼酎・泡盛コンクール審査員でありバーマンのBAPTISTE BOCHET(バティスト・ボシェ)氏のアトリエAtelier Colada Cocktails @colada_cocktails にて受賞酒を使ったカクテル作りに挑戦🍸

ボジェ氏よりカクテルのベースとなるジンやリキュールの説明を受けた後は参加したメンバーでTeamをつくりそれぞれ持参したお酒をベースにオリジナルカクテル🍸のレシピ作り。

主に3種類の酒を用いて調合を変えながら何パターンかの試行錯誤を繰り返し、出来上がったものをバティスト先生に試飲いただき感想をいただきました。

日本酒/本格焼酎・泡盛をベースにしたカクテルとしての可能性を全員で体感しました。

BAPTISTE BOCHET(バティスト・ボシェ)
La Revue du Vin de France & Marie Claire のカクテル・エキスパート
2018年、Bureau National Interprofessionnel du Cognacよりコニャックエデュケーターに任命
Inventez Vos Cocktails(Massin社出版)著者
ブランド Rhums Navi の創業者
Colada の創業者。カクテルやラム酒の画期的なアトリエを1年に500回以上開催しています。

オフショットをいくつか投稿します。当日の雰囲気を感じ取っていただけたらと思います。


キャビア・スモークサーモンアトリエKaviari à Parisにてキャビアの世界を学びました。

パリに本社を置くKaviari社は40年以上の歴史を誇る、最高のキャビアの作り手として世界的に有名で、フランスのミシュラン三つ星シェフ29人中なんと25人がKaviari à Parisのキャビアをレストランで提供しています。日本人初の三つ星シェフRestaurant Keiもその一つです。

今回伺った場所は、2016年まで工場があったところで、今はショップとレストランになっており、こちらでキャビアの産地、製造工程、年数による違いなどレクチャーを受けた後、持参した受賞酒とキャビアのマリアージュを体験しました。

受賞酒(日本酒、本格焼酎・泡盛、リキュール)とフランス最高級のキャビアを合わせる貴重な機会となりました。

参考までにに、この日頂いたキャビアは産地や産卵までの年数違いで4種類、一番お安いBAERIで2,700€(43万円/kg)、一番高いBELUGAはなんと9500€(150万/kg)日本で食べたらと想像すると気絶しそうです。

オフショットをいくつか投稿します。当日の雰囲気を感じ取っていただけたらと思います。


Kura Master審査員であり、フランス・シャンパーニュ業界の第一人者でトップソムリエである、Philippe Jamesse(フィリップ・ジャメス)氏によるシャンパーニュ地方ツアー最後の訪問先は、1729年にランスで創業した世界最古のシャンパーニュ・メゾンでありユネスコの世界遺産にも認定されているRuinart(ルイナール)

ルイナールは、ベネディクト派修道会の高僧ドン・ティエリー・ルイナール氏がこの地で1729年に創業。シャンパーニュ随一の銘醸地であるコート・デ・ブランとモンターニュ・ド・ランスの最良の畑から選び抜いたブドウを使用し、ブレンディングにより絶妙な掛け合わせの技術でシャルドネの魅力を存分に引き出しています。

上質で、クリーミーな質感、優れた酸味と力強さがあると絶賛されています。

オフショットをいくつか投稿します。当日の雰囲気を感じ取っていただけたらと思います。


Kura Master審査員であり、フランス・シャンパーニュ業界の第一人者でトップソムリエである、Philippe Jamesse(フィリップ・ジャメス)氏によるシャンパーニュ地方ツアー。

CHARLES HEIDSIECKの見学の後ランチで訪れたのは、世界中の厳選された高級ホテル・一流レストランが加盟する「Relais & Châteaux」認定の5つ星ホテルDomaine Les Crayères(ドメーヌ・レ・クレイエール)内にあるミシュランビブグルマンレストラン BRASSERIE LE JARDIN(ブラッスリー・ル・ジャルダン)へ。

ビストロでフィリップ・ジャメス氏による日本酒・本格焼酎・泡盛・梅酒とフランス料理とのマリアージュを体験いただけるランチです。

ランチの前には特別に屋上に上がってDomaine Les Crayères を眺めながらアペリティフをいただいたきました。

お腹いっぱいの後は次の目的地Champagne Ruinart(ルイナール)へ。

オフショットをいくつか投稿します。当日の雰囲気を感じ取っていただけたらと思います。


Kura Master審査員であり、フランス・シャンパーニュ業界の第一人者でトップソムリエである、Philippe Jamesse(フィリップ・ジャメス)氏によるシャンパーニュ地方ツアーを実施しました。

フランスの最北シャンパーニュ地方はパリから北東約140kmの位置にあるワインの生産地です。2015年に「シャンパーニュの丘陵、メゾン(生産者)とカーヴ(地下貯蔵庫)」が世界遺産に登録されました。
早朝にバスでパリを出発、最初に向かった先は1851年に創立され各国の王室や著名人に愛されたメゾンChampagne Charles Heidsieck(シャルル・エドシック)
一般には非公開のメゾンです。

フランス・シャンパーニュ界の第一人者でトップソムリエの案内で一般非公開のCHARLES HEIDSIECKのカーヴへ。

クレイエールと呼ばれる2000年前に手で掘られた地下20-40mの採石場跡を熟成倉庫として使用しています。
気温10度に保たれたクレイエールの中でワインを静かにじっくりと熟成しています。石灰岩のカーヴは圧巻の一言です。

最初にメゾンの歴史を学んだあとは、広いカーヴの中を見学。カーヴ内にあるテイスティングルームでいただくCHARLES HEIDSIECKは最高の体験機会となりました。

オフショットをいくつか投稿します。当日の雰囲気を感じ取っていただけたらと思います。


後援

Ambassade du Japon en France 在仏日本国大使館

Association des Sommeliers de Paris Ile-de-France

CLAIR

JETRO Paris

日本政府観光局(JNTO) - Japan National Tourism Organization

ダイヤモンドスポンサー

一般社団法人awa酒協会

長期熟成酒研究会

高知県

佐賀県