本格焼酎・泡盛 審査員 2021

Federico MEDICI

フェデリコ・メディチ

2014年に本格焼酎を知る。2015年には、イタリアのウイスキー輸入業者を通して、歴史ある4つの蒸留所で製造された焼酎の初荷をする。現在では、複数の蒸留所の本格焼酎や泡盛を登録商標BereGiapponese の下で定期的にイタリアに輸入している。

2003年からローマとラツィオで食品部門の販売代理店をしている。パスタ工場、トリュフ加工業者、製菓・チョコレート会社、魚の缶詰製造業者、焙煎業者、海塩製造業者、オリーブオイル製造業者を紹介している。この間、サルデーニャのソーセージ工場の経営パートナー兼販売責任者として、伝統的な豚肉製品、コーシャやハラルに対応した山羊、羊、牛の製品を専門に扱っていた。

それ以前の1991年から2003年までは、広報、広告、出版社で、常に食品とワインの分野で活躍。

中等教育では、ローマ・ラ・サピエンツァ大学で経済学の学位を取得し(1990年)、ブラジル・サンパウロのマンチェスター・ビジネススクールとFundação Getulio VargasでMBAを取得した(1997年)。