2022年度 日本酒審査員

Gerard MARGEON

ジェラール・マルジョン

生い立ち・経歴
ブルゴーニュ地方の中心に位置するボーヌのホスピスで、1961年という特別な年に生まれたジェラール・マルジョンは、幼い頃からこの地のワインを味わうようになった。1978年からソムリエとしての勉強を開始。ボーヌでデビューし、その後フランス国内を周り、1982年にビアリッツに活動を移す。ビアリッツの5つ星ホテル Miramar に5年間勤務し、メートル・ホテル・ソムリエ、そしてシェフ・ソムリエの称号を得、初めて本格的な経験を積むことになった。1987年、バスク地方からパリに移り、ホテル Méridien のヘッドソムリエとして活躍した。1993年にアラン・デュカス氏と出会い、彼の会社へ入社する。モナコのレストラン「ルイ15世」その後、パリのアラン・デュカスの新しいレストラン(最初は Raymond Poincaré 通り、その後モンテーニュ通りのホテル・プラザ・アテネに移転)のオープニングに初代ヘッドソムリエとして活躍した。

活躍
2000年以来、ジェラール・マルジョンは ALAIN DUCASSE Entreprise のヘッドソムリエであり、アラン・デュカス トレーニングセンターと料理学校のソムリエワークショップも監督している。パリからニューヨーク、ロンドンやモーリシャスの状況を同時に把握しつつ、30以上のワインリストをこなしている。現地のソムリエ、また協力者と常にコンタクトをとり、すべてのワインリストが個性を持たせつつ模範的なものに作成している。

ジェラール・マルジョンは、現在約5,000ものリファレンスを管理している。ソムリエという職業は、まさにエチケットとノウハウの芸術であり、チームにこの芸術を共有することに日々務めている。

受賞歴
1993年 パリ市銀メダル受賞
1995年 – Who’s Who International にエントリー
1995年 – フランス農事功労章受章
2007年 「Who’s Who in France」誌に掲載される。
2008年 – 国家功労勲章、シュヴァリエ(騎士、5等)

後援

Ambassade du Japon en France 在仏日本国大使館

Association des Sommeliers de Paris Ile-de-France

CLAIR

JETRO Paris

日本政府観光局(JNTO) - Japan National Tourism Organization

ダイヤモンドスポンサー

一般社団法人awa酒協会

高知県