主催者挨拶

審査委員会 委員長 グザビエ・チュイザ

ブルゴーニュ地方ボーヌ出身。フランスソムリエ界の若き重鎮。ベルナール・ロワゾー、ムーリス、ピエール・ガルニエールといったミシュラン3つ星レストランでソムリエとして経験を積み、パレスホテル ペニンシュラの改築後のカーヴ創設を行い、ホテル内のレストランのシェフソムリエに。2017年夏に新装オープンの、フランスの国賓をも迎えるパレスホテルであるホテル クリヨンにシェフソムリエとして招致され、現在カーヴを創設中。日本酒との出会いは2014年と最近ではあるが、ワインがたどり着けない食材とのマリアージュを見出し,一瞬で恋に落ちた(本人談)。その後日本各地の蔵元を訪ね歩いて、研究。現在はフランス人への日本酒講演会もオーガナイズしている。

審査委員会 委員長による挨拶

運営委員会代表 宮川 圭一郎(みやがわ けいいちろう)

1990年、パリのシャンゼリゼにあったレストラン サントリー に着任し、93年より支配人。レストラン ステラ・マリスのシェフソムリエを経て、2006年には和歌山のオテル・ド・ヨシノ&ビストロステラマリス両方の総支配人としてオープンの人頭指揮をとる。2007年よりパリの高級日本食材店 ワークショップISSEにて、日本酒販売を手掛け、吟醸酒を広めることに尽力。90年より、パリ&イル・ド・フランスソムリエ協会会員。2010年にGALERIE K PARISを設立。日本の酒類をベースとして輸入販売、ワインのネゴスやレストランコンサルタント等、飲食全般のサポートを幅広く手掛ける。同時に、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SAKE SERVICE INSTITUT)唎酒師&酒学講師でもあり、現在、SSI International理事の一人であり、IWCコンクール審査員、日本の審査員も務める。現在、ヨーロッパ各地や日本でも積極的に日本酒講演会を行い、日本酒の普及に努めている。

運営委員会代表による挨拶