コンクール・エントリー要項

フランスにおける初の日本酒コンクール

エントリー期間
2017年2月8日(水)〜 3月22日(水)
出品酒送付期限
2017年3月31日(金)必着
日本酒審査会
2017年6月26日(月)於パリ
受賞日本酒発表
2017年7月11日(火)
プラチナ賞、ゴールド賞
受賞日本酒表彰式
2017年10月8日(日)
サロン・デュ・サケ

エントリー手順

  1. エントリー期間

    2017年2月8日(水)〜 3月22日(水)

  2. エントリー受付

    WEBページからお申し込みのみ。
    登録終了後、事務局より振込み案内、酒文化研究所より出品番号を記載したPDFファイルをメールで送りいたしますので、それを蔵元様ご自身で出品酒(ボトル)に貼り付けていただき、指定の住所までお送りいただきます。

  3. エントリーフィー

    支払い期限 エントリー期間終了と同じ。
    今年度は銀行口座振込みのみのお支払いとさせていただきます。

  4. 入金確認メールについて
    1. 振り込み後、事務局から入金確認メールが送られます。
    2. 領収書などが必要な場合には、エントリー時にお申込みください。
  5. 出品酒送付について、送付期限

    蔵元の送付期間: 3/31(金)必着。
    エントリー完了後、酒文化研究所からご連絡致します。
    1銘柄につき720MLもしくは750MLを各3本ご用意ください。

審査日本酒カテゴリー

今年度は純米大吟醸酒・純米酒の2つの部門で行います。
各部門に一つの蔵元様から3点(銘柄)、合計6銘柄までのエントリーをお受けいたします。

応募規定

  1. エントリー対象とエントリー資格

    今年度は純米大吟醸酒と純米酒の2部門。

  2. エントリー条件(エチケットに準ずる)

    純米大吟醸(50%以下の精米歩合)
    純米(51%以上の精米歩合)
    火入れ1回以上

    フランスで行われる日本酒コンクールであるため、エチケット(ラベル)に表記されているものではなく、実行委員会が指定している精米歩合に準じたそれぞれの部門に出品できます。

  3. 出品酒提出ボトル数

    出品酒1点あたり720MLもしくは750ML、各3本

  4. エントリー費用

    出品酒1点当たり 120€=14400円(1€=120円)
    (出品酒の日本からフランスの輸送にかかる配送費用、通関諸経費、関税、酒税は全て出品料に全て含まれています。また、フランスやヨーロッパにおける日本酒市場の拡大のため、審査から発表、salon du sake(サロン・ド・サケ)でのブース出展、表彰式、その後、広報・宣伝活動を行います。エントリー費用の中に、このような諸費用を事務処理経費の一部を含めさせて頂き、皆さまより協力費として頂きたいとおもいますので、何卒ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。)

    *ご希望の蔵元様のみ審査会終了後、審査員からのフランス語によるコメント配布料 50€=6000円。
    ただし日本語による翻訳は蔵元様ご自身で御手配いただきますよう、お願い申し上げます。

  5. お支払い

    銀行口座への振込みのみ
    お払戻しは致しかねますのでご了承ください。
    入金の確認後、正式なエントリーとして登録いたします。
    事前災害や、やむをえない事故などによりコンクール開催が不可能な状況になりました場合には、エントリー料金のお払戻しは致しかねますので、予めご了承くださいますよう、お願いいたします。

  6. ウェブエントリー方法

    エントリーフォームと日本酒インフォメーションに必要事項を記入して送信してください。

    エントリーフォーム内の必要事項
    ・蔵元の連絡先
    ・出品日本酒銘柄詳細 各日本酒のプロフィール

    エントリーフォームの記入注意事項
    ・エントリー内容は、結果発表や表彰状用に使用されます。エントリー代行業者では、エントリ―当事者による誤字や判読不能の文章を修正する責任は負いかねます。
    ・エントリーフォームは、日本語とローマ字の両方をご記入ください。

  7. 審査方法・基準・メダルについて

    審査員は、全員フランス人で、ソムリエ、アルコール飲料のスペシャリスト、レストランやカーブの経営者、シェフ、料理学校など、飲食業界でご活躍中のプロフェッショナルな方。日本酒の知識が豊富な方ばかりではありませんが、審査会前にセミナーを開催し、日本酒についてあらかじめ学んでから審査に臨んでいただきます。また、審査員は、フランスやヨーロッパにおけるワインの品評会で審査経験がある方です。今回、フランスで初めての日本酒コンクールとなりますため、日本で開催されているコンクールのやり方とはやや異なり、ワインの品評会で行われるテイスティング方法に近い方法となります。

    全ての出品酒はブラインドでティスティングが行われます。5度のコンテナで輸送し、14度程度のカーブで保管後、室温での審査となります。使用グラスは、INAOのワイングラスです。評価方法は、100点満点の加点法のマークシート方式です。

    フランス人によるフランス人とフランスのマーケットに向けた審査基準となります。プラチナ賞は、100ポイントから93ポイント、金賞は、92ポイントから80ポイントまでとなります。フランス人によるフランス人とフランスのマーケットに向けた審査基準となります。プレジデント賞は、Kura Master日本酒コンクールの実行委員会の審査委員長であるグザビエ・チュイザが選出した日本酒に与えられます。また、審査員特別賞は、Kura Master日本酒コンクールの審査にてプラチナ・金賞に選出された日本酒の中から、審査委員会が新たに選出致します。

    このコンクールは、フランス政府の競争・消費者問題・詐欺防止総局(Direction générale de la concurrence, de la consommation et de la répression des fraudes:以下「DGCCRF」)で定められている、提出された出品酒の総数の内、33%が受賞できるという規定に基づいて賞の決定がなされます。

  8. 結果発表・発表方法

    結果は、7月11日にウエブサイト上で発表されると同時に、各マスコミに向けて発表される予定です。

  9. 表彰

    表彰式は2017年10月8日にサロン・デュ・サケにて行われます。

    また、サロン・ド・サケにおいて、蔵マスターコンクールのスタンドを設置いたしまして、エントリー日本酒の数によりますが、受賞日本酒をご紹介いたします。

  10. 審査員からのコメントについて

    審査会当日、審査員から出品酒についてコメントを集めます。そのコメントの事務処理手数料、配布料として50ユーロ頂きます。エントリーの際にお申し込みください。

  11. メダルロゴシールについて、取り扱いなど

    結果発表後、受賞した蔵元は販売や消費者向けに各種受賞を示すロゴ入りのタグを使用し、プロモーションを行うことができます。受賞ロゴ入りタグを貼付できるのは受賞銘柄と同一商品です。受賞ラベルは一銘柄あたり50ユーロとなります。必ず蔵マスターより発行されます公式ロゴ入りタグをご使用いただきますようご注意下さい。ロゴ入りタグの使用期限は、3年となっております。

  12. 出品日本酒の取り扱い

    ・エントリーした出品酒については公開致しません。
    ・出品酒のサンプルは返却致しません。

  13. その他 疑義や個人情報の取り扱い

    ・Kura Master の日本酒コンクールに疑義があった場合、事務局で審査決議するものとします。
    ・エントリーに関わる個人情報は、事務局からの連絡及び、案内や質問に対する回答を目的としたemailや資料の送付に利用します。

エントリーについてお問い合わせ先
クラマスター事務局 担当 酒井・斎藤
所在地 :9 Rue des Capucines, 75001 Paris
TEL :+33 (0)1 4028 4265
E-Mail info@kuramaster.com

エントリーフォーム